松原窯・鳳門窯


主宰者紹介
 陶芸家
奥田冬門 (Fuyuto Okuda)

眼下に蓮田を見下ろす高台に立つ工房で、茶道具をはじめ、花器、皿、鉢、食器等を製作しています。

主な作品
・伊羅保・粉引・象嵌・三島等の茶道具
・象嵌技法による大皿・花器他

略 歴
1983  父、陶芸家、奥田光祥(千葉県九十九里町在住)に師事、作陶をはじめる 
1987  中央大学法学部卒業
1989  茨城県窯業指導所にて研修
1989  陶芸家、伊藤東彦先生(茨城県笠間市在住)に師事
1992  茨城県常北町に独立築窯
1997  現在地に鳳門窯を開窯
2006  鳳門茶道教室を開講
2007  父、光祥の松原窯を継承

  茨城キリスト教大学短大部講師歴任
  裏千家淡交会青年部副ブロック長、青年部長等歴任
     
  日本工芸会準会員

  日本伝統工芸展 入選
  伝統工芸新作展 入選
  東日本伝統工芸展 入選
  おおたき北海道陶芸展 市議会議長賞
  河北工芸展 河北賞
  萩大賞展 入選
  新匠工芸会展 新匠賞
  等入選、入賞



工房案内
関東の中でも緑豊かな場所に私どもの工房はございます。
ゆったりとした時間の流れを感じられる空間です。

松 原 窯


千葉県市原市にある工房です。
陶芸教室の他に、1日体験で作陶を行うイベント等も実施しております。
また5名様以上のグループでの作陶体験も受付けております。詳細はお問い合わせください。

住所:〒299-0106 
    千葉県市原市今津朝山787
         ☎:0299(47)1145
        mail:info@wabunka.jp






鳳 門 窯


鳳門窯は春には桜を、夏には眼下に蓮の花を見下ろす丘の上にあり、
四季の移ろいの中で手作りの陶器を焼いています。日常の食器から
茶の湯の道具などさまざまな作品を作っています。
鳳門窯の名称は曹洞宗寺院「鳳林院」の門前に工房を移転した際
「鳳」の一字をいただき、主宰の奥田冬門の「門」と合わせて窯名とし
たものです。

 住所:〒319-0106 茨城県小美玉市竹原中郷609
         ☎:0299(47)1145
        mail:info@wabunka.jp








■交通アクセス
<松原窯>
  ・最寄駅・・・・・・・・内房線 JR姉ケ崎駅
  ・最寄インター・・・ 館山道「市原インター」より車で15分
  ・駐車場・・・・・・・・完備しております




<鳳門窯>

  ・最寄駅・・・・・・・・常盤線 JR石岡駅(上野駅より特急で約1時間)
  ・最寄インター・・・ 常盤道「千代田石岡インター」より車で20分
  ・駐車場・・・・・・・・完備しております