茶の湯の稽古


茶道の稽古は、礼儀作法からはじまり、お茶を通じて多くのことを学ぶことが出来ます。
季節を楽しんだり、禅の世界を垣間見たりと豊かな気持ちが持てるよう稽古の内容を工夫しております。
現代生活にも役立つ立ち居振る舞いや所作、相手を思う気遣いなど、繰り返し稽古をすることによって身についてくるものもたくさんあります。
伝統文化というだけではなく、今の自分に役立つことがたくさん詰まっているビジネス講座とも言えるでしょう。
自分自身の豊かな心を求めて、ひと時日常生活とは違う空間を楽しむことが、当教室の稽古です。





当教室の茶の湯稽古


■稽古は月3回の個別指導

 ・時間内であれば、お好きな時間にレッスン出来ます
 ・お休みした場合、振替稽古を受講出来ます

毎週伝統文化のミニ講座あり
 ・掛軸や花、季節の風物にまつわること、禅の話、
  歴史や芸術の話など幅広い分野から茶を学びます

実践で学ぶ
 ・茶会や研究会、茶事
 ・物作り(作陶、茶杓作り他)、茶花講座など
 日頃の稽古の成果を発揮できる場であり、実践することで
 新しい発見もあります

チケット制コース(裏千家茶道中級以上をお持ちの方)
 ・以前茶道を習っていて、ご都合で通常稽古に通えない方を対象
  にチケット制コースをご用意しております。
    ・自分の予定で稽古の予約をいれます
    ・お好きな日時でお稽古が出来ます


 
 ☆マンツーマンの個人レッスンなので、その方のレベル、
   進度にあわせて稽古していきます
 ☆各教場によって稽古の日数が異なりますので、詳細は
   ご希望の教室をご覧ください




■入会までの流れ
  1、体験レッスンの受講をお勧めいたします
    お茶を習ってみようかしらと考えたら、まずはその場所を訪れてみましょう
    茶道の稽古とはどんなことをやっているのか、教室の雰囲気は?、先生はどんな人かしら?等々
    体験レッスンを受講することにより、あなたの不安が解消されます
    
  2、体験後、お稽古を始めてみようと思ったら、入門手続をします
    入会申込書記入と入会金5000円(税別)をお納めいただきます

  3、いよいよお茶のお稽古の開始です
    初めてのレッスンは日時の予約を入れていただきます
    お稽古開始はいつでもご希望の日から初めることができます

    

持ち物


■お稽古時の服装は自由です
 
■持ち物は、扇子、袱紗、懐紙、菓子切楊枝です(洋服の方は白いソックスをお持ちください)

   
  扇子   帛紗   懐紙、菓子切楊枝

*当教室でも上のものは取り揃えていますので、必要な方には販売しています


資格、許状について


■お稽古の進度に応じて、裏千家茶道の許状、資格が取得可能です
  初級、中級、上級から講師、助教授、教授と段階があり、裏千家お家元に許状をいただきます
  (許状申請には別途費用がかかります)



Q&A


■今までお問い合わせいただきましたご質問についてまとめました
  詳しくはこちらをどうぞ