茶の湯から学ぶこと


■日本の伝統文化である「茶の湯」を身近なものにする

  お茶が中国から入ってきた時はお薬でした。そこから独自の文化へと発展していきます。
  お茶を喫することは日常していることですので、肩の力を抜いて、抹茶を飲みながら日本の伝統文化と
  接してみませんか。意外と敷居は高くないものだとお感じいただけることでしょう。

■四季折々の自然や風物を楽しむ

  日本の風土には春夏秋冬があります。その風情に時には哀れを感じたり、生命の息吹を感じたりと
  その時々で違いがあります。その移ろいを肌で感じてみてください。

■五感を磨く

  実際に目で見て、触れて、味を見てと普段の生活とは違うことをすることで感受性が豊かになってきます。

■和から現代を学ぶ

  先人達の考えを学ぶことにより、今が見えてきます。そこから現代にも通ずること、いかせる知識、
  臨機応変な対応が自己研磨にプラスされていくことでしょう。


鳳門の活動


■茶道教室
裏千家流茶道教室です。
千葉県柏市、市原市と茨城県水戸市にそれぞれ教室があります。
茶道の稽古を通じ、日本の四季や伝統を感じていただけるよう努めております。
マンツーマン指導となりますので、個々のレベルにあわせた稽古をしております。


■茶事講座
季節の茶事を行っております。
流派を問わずご参加いただけます。
作法や扱いを丁寧にご指導させていただきます。





■茶陶研究会
茶碗を中心に茶道具について、産地ごとに焼物の種類ごとにと毎回テーマを決めてお話しています。
お茶のお稽古をされている方や骨董、焼物に興味のある方など、どなたでもご参加いただけます。




■イベント
茶の湯に関係することを企画、運営しております。
例:茶会、作陶会、茶杓削り、お菓子作り、懐石、着付など







講師紹介


■奥田冬門(Okuda Fuyuto) <経歴>
茶人であり陶芸家
優しい指導に定評あり、茶の湯の伝統を現代に通じるようわかりやすく説明している







■奥田宗晴(Okuda Sousei)
明るく朗らかな性格
楽しむ茶道を広めるため、和風なことを総合的にプロデュース、「和茶美」主宰
着物についてもアドバイス、着付教室開催